プロテクトWAX

プロテクトWAX

高いコーティング力と安全性
光沢性と簡単メンテが魅力

フローリングはインテリア美観の中で最も重要ポイントのひとつです。美しい光沢は生活に清潔感を与え、共用スペースが際立つことで住まい全体が心地よい空間に変化します。「プロテクトWAX」はウレタン樹脂を高配合することで従来のワックスに比べ、高いコーティング力と安全性を実現いたしました。

すべり止め効果
高い安全性

ナノシリカ高配合
キズに強く防汚

簡単メンテナンス
美しさ長時間維持

プロテクトWAXの特徴

プロテクトWAXの特徴

    • 1.すべりにくく安全
    • お年寄りや子供達にも安全な住宅内歩行での最適なスリップ特性。
    • 2.抗菌作用で赤ちゃんも安心
    • 抗菌仕様ですので赤ちゃんのいる家庭に最適。清潔感を保ちます。
    • 3.汚れに強く、お手入れ簡単
    • コーヒー等の水分が染み込みにくいコーティング。また、マヨネーズ等の油染みにも強い。柔らかい布や、市販の紙モップ等での「乾拭き」または、固く絞った雑巾での「水拭き」をするだけ。自然な木目・光沢を長期間保ち、追い掛けWAXもOK。

衝撃を吸収「ウレタン樹脂」

ウレタン樹脂の高配合により耐傷性・耐水性に優れています。対磨耗性・耐すべり性に優れた柔軟かつ強靭な皮膜は、長期間美しい状態を維持いたします。

プロテクスWAXの表面のイメージ図

プロテクスWAXの断面図

なぜウレタン樹脂が良いのか?

ウレタン樹脂はワックスへの配合など汎用性が高く優れています。「ウレタンポリマー」は弾力性に富み、耐傷性、耐水性に優れ、アクリルポリマー単体では不可能であった歩行の衝撃を吸収するなど、新設計された素材です。アクリル樹脂は固くてもろい、シリコーン樹脂は補修困難、フッ素樹脂は単価が高く耐久性がない(お掃除で無くなる)といったデメリットがあり、耐久性を高める素材としてはウレタン樹脂が一番適しているといえます。

メンテナンス・再施工の扱いやすさ

あくまでもWAXですので、メンテナンス再施工が不可欠な商品です。一般的なプロ仕上げのフローリングWAXの耐用年数は1~2年で、家庭用市販ワックスではもっと短期間となります。気になる部分だけを追い掛けWAXできるお手軽さがプロテクトWAXの特徴となります。再施工(メンテナンス施工)は、廊下などの頻繁に通る中央部分が気になりだした頃がタイミングです。

お手入れ・メンテナンス

通常のお手入れとご注意点

お手入れはカンタン!日頃は紙モップだけの乾拭きでOKです。ひどい汚れや油汚れは、固く絞った雑巾で水拭きだけで済ませることが出来ます。

再施工のご注意点

一般的に床のワックスは車のワックスと同じです。プロテクトWAXも同じでハクリ剤や中性洗剤などを用いてワックスを完全に取り除いた後、乾燥を十分に行い、新しいワックスを施工してください。

なお、再度施工される場合、UV・鏡面仕上げのフローリングには水性樹脂ワックスをご使用下さい。

施工手順

施工時間:3~4時間

工程1ワックスがかかってはいけない部分を養生後、フローリング表面の汚れを入念に清掃していきますワックスがかかってはいけない部分を養生後、フローリング表面の汚れを入念に清掃していきます。

工程2フローリング表面の汚れやホコリを水拭きで取り除いた後、ホコリを掃除機で吸い取りますフローリング表面の汚れやホコリを水拭きで取り除いた後、ホコリを掃除機で吸い取ります。

工程3工程2の後、完全に乾燥してからワックスを塗布していきます工程2の後、完全に乾燥してからワックスを塗布していきます。

工程4ワックスの乾燥後、マスキングテープなどの養生を剥がし、チェック後に施工完了ですワックスの乾燥後、マスキングテープなどの養生を剥がし、チェック後に施工完了です。

問い合わせメール

Tel
Mail