フローリング

拭いても拭いても浮かび上がる白い水跡

「掃除は毎日しているのに、いつの間にかフローリングに白い水跡ができている」 同じような経験をされている方も多いのではないでしょうか。拭いても拭いてもまたすぐに浮かび上がってくるので、何度お手入れをしてもキリがありません。実はこの水跡はただの水跡ではないんですね。普通に掃除していても拭きとることができないとても厄介な代物なのです。

水跡がついたフローリング

水跡の正体はワックスの剥離による白化

何度も浮かび上がってくる白い水跡の正体はワックスが剥がれてできるものです。安いワックスを使用したり、床にこぼした水を長期間放置することでワックスが剥がれて白化してしまいます。一度白化してしまうと水拭きや乾拭きでは水跡を落とすことはできません。

フローリング

対応策は旧ワックスの剥離とワックスのかけなおし

水跡を完全に取り去るには、通常の掃除だけでは不可能です。大掛かりになってしまいますが、ワックスを一度剥離して再度ワックスをかけ直すしかありません。

頭を抱える女性

簡単だけど成功するのは難しいワックスの剥離

最近ではご家庭でワックスを取るウェットタイプのシートや液剤ボトルの市販も増えています。手間はかかりますがご家庭でもワックスの剥離は可能です。ですが、剥離の際に床材を傷めてしまったり、液剤やウェットシートを使ってきれいになったとしても、表面の薬剤や薬剤に取り込まれた汚れを完全に拭き取らなければ、その薬剤に汚れが付着したり雑菌で黒くなったりするなどきれいに剥離するには難しい面もあります。手間とコスト、そして仕上がりを考えればプロに依頼するのが確実といえます。

白化した床

高性能コーティングで白化を防止

JWコーポレーションでは、ワックス剥離後の施工にワックス以外にもガラスコーティング「エバーグラスコート」をお勧めしております。耐用年数は約10年(※)と通常ワックスの効果の約10倍(年1回のワックスがけの場合)。WAXよりも自然な感じの仕上がりとなります。防水性にも優れており、フローリングの白化を防ぎます。

※ご使用状況によって異なります